神明間で、陸からぬるい釣りを趣味にしている男のブログ。エギング、メバリング、アジ、根魚、奇跡の青物、等々。全てにおいて、ぬるく適当な釣り。


by 眼鏡
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

メバリング報告2014.2.26

メバリングという言葉もすっかり定着してしまったなと感じるのは僕だけでしょうか?
調子こいてるみたいな印象もあったんですが、ルアーと餌の違いを手っ取り早く判別するための造語としての完成度は高いような気がします。

バス釣りの場合、それは必要なかったわけです。
バスを釣る=ルアーの図式が先にありますし、スズキにかんしては「シーバス」と魚の呼び名のほうで区別していますね。シーバス=ルアーのイメージでしょ?
バスもスズキもスズキ目なんで無理なく見えます、ちなみに鯛もマグロもスズキ目
愛しのメバルはカサゴ目、アイナメもカサゴ目
じゃあ、ロックフィッシュ全般、カサゴ目やと思ったら、ロックフィッシュの王様(勝手にそう思ってるだけ)クエやキジハタのようなハタ科の魚は、なんとスズキ目。

ややこしい!
どうでもいい話でしたね、何が言いたいかというと、
廉価タックル大好きな僕は、ネット通販でも迷うことなく「価格の安い順」に並べ替えます。
この日は「鱒レンジャー」の最安値をチェックするとともに、2ピースあったら買うのになぁとか思っていました(グラスソリッドで2ピースは無理があるか…)
鱒レンジャーの下方に「黒鱒レンジャー」なる商品を発見

黒鱒?
ブラックトラウト?

ググってビックリ!!
黒鱒=ブラックバス
え?なんで?
くろます→ブラックマス→ブラックバス

いやいやいや…マジすか!?
しかも、結構浸透してるじゃないですか
これは、アカンでしょ
「鱒」違うし!鱒はサケ目ですから!

バスをやる方のスキルや引き出しの多さには感嘆します。バス業界の進歩はすばらしいと思います。
しかし業界ぐるみで「黒鱒」はいかんと思いますよ、子供が間違えますよ。

とかなんとか一人で憤慨しながら、バス釣りの動画見て、バス釣り面白そうだなぁって思った2月26日、メバリングに行きました。

11時くらいになると ど干潮で釣りにくいので夕方(ほぼ夜)からエントリー
3グラムジグヘッドでフルキャスト、着水距離からワンアクションの距離で、コツっと反応
口に入らなかったのか、吐き出しが早いのか、フッキングできず。
同じことが続き、口に入ってない・ミスバイトと判断して、ジグヘッドを1.5グラムに変更すると、反応がなくなった・・・
今度は届いてないということなのか?
じゃあ、足元から あそこまでにメバル居ないってか!?

そんなことはないと思います、いるはずなんです。そこは未熟さゆえ。

まぁ、少しはやる気のあるメバルがあの辺りにいるということで、なんとか捕りたい。フロートの出番やろか?とも考えたものの、ジグ単で捕りたくてもう少し粘ることにして、再度3グラムをセット。

今度は早く反応できるように、集中…
集中したところで、そんなに反応速度は上がりませんが、祈りが通じたのか、フッキング!
少しドラグ出しつつ(ドラグ調整は曖昧にしかしていません)よい引きでお姿拝見。
体格が良くなってきた、25センチのメバルちゃん♪
d0278506_16591435.jpg

やったねw

無念のタイムアウトで撤収
画像編集してますから判らないと思いますが、ブルーではなく茶メバ
茶メバの良型って、骨硬く(太く)ないですか?
ナイフがヘボなので、絞めるとき苦労したあげく、エラブタんとこのトゲが指に刺さりましたよ…痛いし、血は止まらんし。


======
メバルの反撃に気をつけろ
バンドエイドぐらい携帯したほうがいい
胃の内容物は、蟹の幼生
バチ、アミ
…つまり 何でも食ってたやる気MAXメバルでしたとさ。
[PR]
by fishingmegane | 2014-02-27 17:09 | メバル

アオリスタンド

自分の愛機は、09アルテグラC3000です。
エントリーモデルですね、しかし なにも悪いところ感じません。
ちょっと重いぐらいです。
ちょっと剛性に不安感じるぐらいです。

今から、壊れたら 考えるかもしれませんが
竿とリールとセットになったものを買ってから、竿を変え、リールを変え、考えれば長い付き合い。
結構使ってますけど、壊れませんよ、このリール。

上位機種に憧れはしますし、手が届く範囲の機種もありますが、壊れてもいないのに買い替えるなんて…僕にはできないw貧乏性だからw

愛着たっぷりの我が愛機
不満が無いこともないですが、まぁそれも良し。
リールスタンドぐらいは付けてやりたくなったのですよ。
それでですね、リールスタンドを検索すると、まぁなんですか
2000円~4000円ぐらいするじゃないですか!

はぁ?ってなもんですよ、だっておかしいじゃないですか、アルミだか、ステンレスだか、チタンだか知りませんが、あんなもん 旋盤かフライス盤で削ってネジ山切っただけでしょ。
まぁいいです、デザインとか色々あるでしょうし…

愛機の値段と釣り合わんのですよ、そんな高級な部品付けたら 僕のアルテちゃんが緊張してしまうw
そんな貧乏検索の結果、アオリスタンドなるものが525円!
はい決定。

※製造終了していました、なんやかんやで取り寄せて、装着。
d0278506_2144985.jpg


いいじゃない♪
アルテちゃん素敵♪

今まで、傷だらけにしちゃったけど、これからは少しマシになるはずやで~w
 
 
  
======
09アルテグラ
壊れるまで買い替える理由が見つからない

アオリスタンドは製造終了
ハンドル固定ボルトの品番はシマノ参照
[PR]
by fishingmegane | 2014-02-25 21:49 | 釣具

ミリオネア GS-1000

僕は海の近くで育っていません。
川や池ではよく釣りをして遊びましたが、海釣りで記憶にあるのは小さなころ、2回だけやったサビキ釣り。
かごにアミを詰めて海中に放り込むと、無数の魚が乱舞していたのを覚えています、
躍動感ある魚群の動きは今でも忘れることができません。


時を経て、神明間に住み着いた僕はふらりとサビキ釣りに出かけました。
そこには子供の頃に受けた感動はなかったのですが、豆アジが入れ食いとなり、南蛮漬けが泳いでるようにしか見えず、僕の狩猟本能を刺激するには十分な釣行だったと思います。

時間を見つけては、釣りに行くようになったころ
義理の父から「最近 釣りしてるんやって?使わんから、道具持って帰り」と手渡された使いこまれた道具の中に「船・堤防180」と書かれた竿にセットされた「ミリオネアGS-1000」がありました。
d0278506_16484564.jpg

知識の浅かった僕は、竿とリールの形状から「落とし込みや穴釣りに使うやつかな?」と思ってブラクリ仕掛けで、たくさんのガシラをゲットしたのですが、最近になって穴釣りしたいな…と引っ張り出してみてみれば、どう見ても竿のガイドセッティングはスピニング用です、リールについても調べてみると、純然たるベイトキャスティングリールであるということが判明。
僕はベイトで釣りはしない(したことがない)のですが、穴釣りに使う分には申し分ないので、掃除開始です。

d0278506_1704774.jpg

すばらしくドロドロで、しかもベイトリールの分解は初めて
苦戦しながら清掃を行いましたが、スプリングが無かったり、金属ボディだと思ってたら樹脂製でよくみたら締付けすぎて亀裂が入っていたりと まぁ散々な状態。
各金属部品は脱脂、樹脂部分は中性洗剤で洗いました、グリスアップして組み上げた写真が1枚目の状態。
くるくる回すと、まぁなんとか使えそうです(使うかどうか分かりませんが…w)

ところで、こいつは軸受がベアリングではありませんでした、年式的にそんなもんか?ググってみると30年程前の機種でグレードは低いようで、分解しながら気づいていたのですがドラグも無し。

しかしながら、こいつを使って魚を釣り上げた記憶もあり
分解・清掃をやった後、なんだか愛着が湧いてきました♪
廉価商品ってところが、また僕にピッタリじゃないですか。

気が向いたら、ベアリングに交換してやろうかな…w



======
道具なんて、何使っても釣れる時は釣れる

軸受ベアリングのサイズは
内径4外形11幅4(だと思う)
[PR]
by fishingmegane | 2014-02-23 17:01 | 釣具
久しぶりにブログ更新となります。

ログインできなくなって、面倒だから放置でした、何回繰り返せば気が済むのか解りません。
メモは残してるんです、そのメモを無くすだけで・・・。


さて、更新しないうちに自分のブログを読み返したりしましたが、何一つ参考になるようなことを書いていない事に気が付きました。
世のハイレベルアングラーさんのように、参考書的な記事は到底無理なので、せめて未来の自分の参考になるようなことを書いておけば良かったなぁと、後悔しています。
 
 
では、ここ最近の釣りから1シーン

先日の大潮周りは満月、月明かりが煌々と海面を照らしメバリングとしては、僕の苦手とする状況
釣る人は釣ってるし、海から魚がいなくなる訳じゃない、ましてやメバルやガシラなんてそんなに大移動しないはず。やはり釣れないのは未熟さの表れなんでしょうね。
目の前の海中に居るはずのメバルの動きがさっぱり解らないわけで、読み漁った本の知識や他人のブログに書いてあったことを思い返して真似てみたり…
だんだん何やってるのか解らなくなって、テトラに座り込んでしばし呆然と考え事。

素人同然の僕でも、活性が低く 餌を食う気が無いというか 体力使って追いかける気が無いのであろうことは想像できるわけで、そうなると流下ベイトなパターンじゃないかと
ってことは俗に言うアミパターンな訳ですが、これが なかなか 難しい。

退屈ですしねw

ラインメンディング
最近 リアクションの釣りばかりしてたので、なんか雑になってたんですよ。それが月明かりに照らされて僕の悪い目にもはっきりと見えました。想像よりも大きくフケた哀れなマイライン。

当たりなんて判るはずがない・・・

まっすぐにしたところで、巻いてる訳じゃないんだから ほとんどフリーな訳ですから そうそう感知なんてできないんですけどね。

コッとかトンってやつは、吸い込む(咥える)ときか、吐きだすときに フックやジグが口に当たった感覚…のはず。
上手に食って吐いてしてるやつがいっぱいいるはずなのだ、どんなに上手な人でも全ての当たりを感知なんてできてないはず!…そうであって欲しい。そうじゃないと困る。


とまぁ、そんなことを言っていてもはじまらないので、1つでも多く感知できるように、丁寧にラインメンディングして、少ない当たりを拾うしかないんですよね。

d0278506_1542718.jpg

月明かりで沈みぎみか、ボトムべったりかと思ってたのに水面直下に居やがったw

なんじゃそりゃ 苦労を返せ。



未来の自分へ

セオリーは大事だけど絶対じゃない
それと、ラインメンディングは超大切


======
使用タックル
ロッド:ソアレBB(ソリッド)
リール:09アルテグラ
PE0.3号(よつあみ3本ヨリのやつ)
シーガーグランドマックス3ポンド
ぶっとびロッカーF
ジグヘッド0.2~
尺ヘッドD3グラム
ワーム色々
ソリッドカラーが吉  

 
[PR]
by fishingmegane | 2014-02-21 15:21 | メバル