神明間で、陸からぬるい釣りを趣味にしている男のブログ。エギング、メバリング、アジ、根魚、奇跡の青物、等々。全てにおいて、ぬるく適当な釣り。


by 眼鏡
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:データブック( 17 )

アオリイカ(オス)

来年の今頃、何を釣ろうかなと悩んでいる僕へ


d0278506_17140361.jpg
そろそろ、ケンサキイカ釣れないかな~。
この時点ではケンサキは釣れず。

アオリイカをいただきました。

[PR]
by fishingmegane | 2014-07-22 17:19 | データブック

キュウセン、ベラ

ベラ科キュウセン
関西では単純にベラと言う。
幼魚のうちは針がかりもしにくいし数もいる、キングオブ餌取りのクサフグと双璧を成す魚

カラーリングが少し南国風ですが、美味しい魚

昼間のターゲットとして狙ってきました。
d0278506_13433229.jpg
安定の美味しくなさそうなビジュアルw
サイズがそろわなかったので、リリースしましたが 揃ったときは刺身で頂こうと思います。

当たりが明確で面白いターゲット。

しかし、昼間に釣りをするのは気持ちいいですね~♪

=======
針のサイズに気を配ること
硬い竿だときつい



[PR]
by fishingmegane | 2014-07-06 13:48 | データブック

甲イカ(コウイカ)

嫁が自転車に乗ることを躊躇っている今日この頃、しわ寄せを喰らうのは当然 僕だ。
風も穏やか、潮も申し分なく 足りないのは腕と情報…アカンやんw
嬉々として家に帰り、脱兎のごとくスーツとシャツを脱ぐ。
戦闘服に着替え、最低限のエギを確認した、今日はエギングだ。
釣れればいいけど、釣れなきゃ嫌ってこともないので 遠征はしない。だってめんどくさいんだものw
春イカは儀式、ルーティンである。何回か狙って終わり、それでいい。
冷凍庫からキンキンに凍った保冷剤を取り出し、薄汚れたソフトクーラーに入れた。

「じゃ、行ってく…  嫁「おぅ、野菜を買いに行くぞ!」


ふぁっ!?

キサマ…その デカイ ケツはなんのためにあるのか!漕げ!自転車を!・・・


無情にも奪われた1時間半により想定していた熱い時間を外してしまった
だからといって行かないのも「負けた」気がして嫌なので、海へ向かう、当初の予定とは違い 足場の良いところへw しんどくなったら 直ぐ座り込んで月でも眺めよう作戦だ。
ペタペタとギョサンで歩く、夜風がなんとも気持ちよく スネ毛がそよそよ



この日はしっかりと グローブを右手だけもってきたので快適。 ジガーでもないのに必要ないという意見もあるでしょうが指も痛くならないし、握力的にもかなり楽♪根がかりしたPEを引っ張る時も痛くないよ!
フィッシンググローブって 「えっ?」ってぐらいの値段がついてませんか?それがネックで買って無い方に朗報w
僕の場合、ジガーに必要な要素は必要ではなく フィット感とグリップ 分厚くないことと低価格であることが重要なので 高価なフィッシンググローブは圏外
でも釣り具屋にある安いグローブは全然ダメ、フィット感がまるでないのよね。ラバーは貼ってても手とグローブがズレるようじゃアカンよね。

グリップ…薄手で感度も妨げず、フィットする…・・・

ピーンときた!
ピーンときた僕のグローブは、 「ゼクシオ・XXIO」です。
そう、ゴルフのグローブを使ってますw ワゴン品でもかなり優秀ですよ~
問題は左手ばっかりで、右手の品数が圧倒的に少ないってことなんですけどね。


エギングの方は たいしたドラマもなく 甲イカ1杯で終了w
専門に狙ったことは無いけれど、アオリイカ狙いの外道レギュラーの甲イカさん
味はいいけど、墨が濃くて台所が大変、曳かないから面白くない。
…アオリが釣れた方が嬉しいけど、親アオリより美味しいから、まぁいいか♪
d0278506_18440520.jpg
あ、加工しちゃってて申し訳ないけど
コウイカと一口に言っても、何種類か居て、神明間で釣れるのは、甲イカ、紋甲イカ、シリヤケイカ…ぐらい?
で、釣れたのは 甲イカ
神戸港で釣れるのは、シリヤケイカが圧倒的に多い たぶん底質の違いなんだろうね。
そしてシリヤケイカの白斑紋はちょっと気持ち悪いw




[PR]
by fishingmegane | 2014-06-16 18:52 | データブック

ウミタナゴ(マタナゴ)

ウミタナゴには何種類かあるのですが、どれも同じような味らしく
そして不味くも美味くもないため、どれでも同じような価格で総じて安く売られているようです。
というか、売られているのを僕は見たことが無い。

ここら辺では 完全なる外道であるウミタナゴ
d0278506_15222940.jpg
マタナゴ・・・かな?20センチは超えてますが
おちょぼ口であるため、針が大きいと口に入らず 餌取りとなります。
のべ竿で釣るには まぁまぁの相手ですが専門で狙おうとは思わない。

塩焼きにすると、まぁ普通の味。
「ふ~ん」って感じw

色んな餌取り、外道が出てくると 夏だなって思います。

[PR]
by fishingmegane | 2014-06-15 15:50 | データブック

イトマキヒトデ

クソっ…! ホゲた。
まぁなんですか、ろくにリサーチもせずに神戸のとあるポイントまで行った訳ですが、ほら最近暖かいじゃないですか、活性もそこそこあるだろうし テキトーに遊べると思ってたんですよね。
そしたら釣れない。なんにも釣れない。
同行者が青虫で浮きとぶっこみやってたんですけど、どうも食いが悪いと嘆く。
ガシラが居食いして当たりがほとんど出ない状態。
で、回収したリグを触ってようやく気がついたんですよね、「めっちゃ冷たい」
え?こんなに冷たいの?
水をくみ上げて確かめても、かなり冷たい。
なんらかの理由でポイントの海水温が下がったと思われます、さすがに急激な変化で活性も悪くなりますわな…
一人だったりルアーオンリーだと、移動決定ですが、同行者が道具を広げてしまっているので、そのまま ぐだぐだとw
もうね、ジグヘッドに青虫つけて ヘチ釣り・穴釣りですよ。
プチガシラがちょろりと癒してくれましたが、釣った感が無いので 今回はホゲと同意とします。

さて、同行者がイトマキヒトデを釣っていました。
d0278506_12174030.jpg

ちゃんと浮きがしもるんですね。
あんまりにもヒトデばっかり釣るもんだから、タナを浅くしてみてもらったんですけど…
それでも釣れてしまう。
何回も確かめましたよ、絶対に完全に底に着いてないんです。

ウィキペディアによると、ヒトデに泳ぐ種類はいないとなっていますが…不可解です。
[PR]
by fishingmegane | 2014-04-28 12:23 | データブック

クロメバル

クロメバル

最近 完全に自分の釣りスタイルを見失っている、迷子の眼鏡です。
マンネリというやつですかね。

シロに続き、クロメバル
胸ビレの軟条数は16本
背中が黒っぽい~深い青なことが多くて、ブルーバックなんて呼ばれてるやつは潮についてよく泳いでるせいか引き味もよく面白い。
表層から中層で釣れることが多いけど、そうとも限らない。
去年はもっと釣れたのに、今年はイマイチ数が少ないぞ。ベイトのせいかな
d0278506_19191424.jpg
もっと、背中の青い、これぞブルーバックってのを用意したかったけど、軟条数を数え始めてから何故だか青いのんが釣れない。

あとは、アカメバルなんだけど・・・

[PR]
by fishingmegane | 2014-04-26 19:28 | データブック

シロメバル(白メバル)

シロメバル(白)
胸ビレの軟条数は17本

ヴィジョンがぶれた状態で釣りに行くと ダメですね。時間あるのにホゲました。
ついでにタモが壊れました。

釣った(捕った・見た)のを書き残していってるくせに、メバルを書いてないのは、メバルがアカメバル・クロメバル・シロメバルの3種に別れていて、確認するのが面倒だったからなんですが・・・。
先日釣ったメバル、胸ビレの軟条数は17本 17本であることが多いと記述されているところもあるので、断定してよいものか解りませんが、体色で判断するより正確らしいので、こいつはシロメバルということになります。
d0278506_19080662.jpg
明石沿岸に多いのはコイツ、自己記録の29.5センチもたぶんコイツ
白っぽかったり、こげ茶っぽかったり
大きく移動しないらしいので、シーズンイン~どんどんスレてくる。と思う。
同じ場所に存在すれば、回遊性が強く、捕食気の強いクロメバルのほうが釣りやすい、ような気がしている。
いつもなら この時期はクロメバルがもっと釣れるはずなんだけど、どうも釣れない、少ない。

ややこしいことに、世の中には「流通名」というものがあって、メバルの場合は当然ですが食材として流通する。
シロメバルの流通名は「黒メバル」だという噂。こんど軟条数えてみようw

[PR]
by fishingmegane | 2014-04-25 12:13 | データブック

ヌートリア

ヌートリア発見

南アメリカ大陸からやってきた、大型の齧歯目、まぁ要するに舶来のネズミです。頭胴長40-60センチ、尾長30-45センチ、体重5-9キロ。
ついでに言うと、カピバラもカピバラさんとかいってチヤホヤされてますけど、さらにおおきい 超大型ネズミですからね。野生化して増えたらとんでもない害獣になりますよ。

ヌートリアさんも人間の都合で連れてこられて、用が無くなったとかで野に放たれた訳ですが、さすがネズミだけあって、タフです。
ずんどこ増えて、大問題。
被害額も年に各県で何千万円を叩き出す、「侵略的外来種ワースト100」にみごと当選。
d0278506_10081400.jpg
う~ん、近くに居るとビビるな。
モフモフしてる姿は、キュートだけど歯がオレンジ色してて、ちょっとひくわー
そして泳ぎまわるのはやめてくれ、釣りの邪魔。
引っ掛かったら、ヤダな・・・

みなさん、餌をあげてはいけません
本来、居てはいけない生物のうえに、環境を著しく破壊する恐れの多い生き物です。
一応、発見報告を市役所などにしておきましょう。



[PR]
by fishingmegane | 2014-04-22 10:21 | データブック

モクズガニ

モクズガニ
モズクガニではありません、モクズガニです。
上海蟹の親戚のようで、食べるとかなりマイウーらしい。
d0278506_16591267.jpg
腹を見ると、こいつはオス。
ワームのボトムバンプからのステイに好反応、わりと速いスピードで捕食してくる。
まぁ、当たりが微妙すぎて、サイトか浮き、目印でもつけてないとムリでしょうけどね。
なかなかの大きさですが、もうちょっと大きくなるようですね、高級食材らしいんですが、カニは赤い状態でないと食欲をそそられないんでリリース。
こいつ、体に海藻をふちゃくさせてました、あんな爪の届かなそうなところ、海藻がめっちゃ伸びたらどうするつもりなんやろう。オシャレさんなんやろうか?

あ、ちなみにこいつを狙ってカゴとか入れる行為は違法ですからね。


[PR]
by fishingmegane | 2014-04-21 17:28 | データブック

ボラ

釣ったので釣魚登録

ボラ
臭い、邪魔、キモイと邪魔者扱いされるボラですが、実際とても邪魔。
なんせ群れる。
大きくなっても群れる、狭いところが好きなんだろうか・・・きっと寂しがり屋なんだね。
れっきとした食用魚である。
臭いのは人間のによる環境汚染によるもので、食べてるものが臭いんだからしかたない。ボラが悪いわけではない。
鯛にも勝るという話もある。
実際、僕は食べたことがあるがとても美味しかった。ボラだと知らずに食べた。自分の手で釣ったボラを食べる勇気はまだ無い。

今回釣ったボラたちが食べていたものの推測は(リリースしたので未確認)
海岸に打ち上げられた大量の海草類が太陽でカピカピに乾いて、潮をかぶりもどる・・・また乾くを繰り返してなんだかおかしなことになった状態のものをハムハムしていました。海藻を食ってたのか、そこに何かが湧いてるのか・・・
試しにワカメをちょんがけして引いてみたけど無視された、そうりゃそうだワカメは泳いだりしない。
そのくせ、底をワームでズル引いたら咥えた。興味本位だと思われる。
赤色とキラキラが大好きなご様子。
d0278506_17031093.jpg
こいつは、45センチくらいでそんなに大きなほうではなかったが、よく引いて面白かった。
頭が太い。
勇気を振り絞って、1センチの距離まで近づき臭ってみたが、
なんと、臭く無いのである。まったく臭くない、食べてるものの違いだろうか…海苔棚あるからな…海苔?
一度食べたボラの刺身の美味さが頭をよぎったが、それでもリリースした。

誰か調理済みを提供してくれないだろうか。


[PR]
by fishingmegane | 2014-04-12 17:10 | データブック