神明間で、陸からぬるい釣りを趣味にしている男のブログ。エギング、メバリング、アジ、根魚、奇跡の青物、等々。全てにおいて、ぬるく適当な釣り。


by 眼鏡
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

さぐりメバル始めました~尺超え

「男傘」抱かれたい傘№1
※アフィリエイトじゃありません。
パソコンて怖いですよねって話ですよ。webページを徘徊していると端っこの方に広告が出てるじゃないですか、でねあれって閲覧者の履歴だったり、興味がある商品なんかを表示してる訳なんですがね、怖い怖いよインターネット!ほんと勝手に人の趣味覗くなってもんです。
個人情報がどうのこうの言ってるご時世にそりゃないでしょうよw
いや知ってますよ、このプログラムの設定を変更して情報収集させないようにするってこと、ただね なんやかんやでバージョンアップしたりインストールしなおしたり更新したりやってると、また勝手に収集を始めてますやん。デフォルトが個人情報を取得する設定って・・・どうなのよ。もうめんどくさくて放置するわ、どうせこうなるんが狙いなんやろう?
行政も必要無いとこで 個人情報が!個人情報が!って騒いでる暇があったら こういうところ詰めんかい!ってなもんですよ。

でね、僕のパソコンの画面に出てくるのは見事なまでに「釣り道具」、いや~われながら笑ってしまう。
        ※auからのメールの宣伝広告は95%、「薄毛対策」なんですけど?・・・なんか腹立つ。
釣り道具はいいんですが、時々覚えのない広告が表示されるのはなぜかな?
急にグラビア写真集とか表示されると、誤解されるじゃないですか!? やるならちゃんとやって!頼むよ。
「男傘」抱かれたい傘№1微妙にエロくて押しちゃったw

そんな個人情報垂れ流しの眼鏡です。


のべ竿で魚を釣るのが大好きなのですが、ぬるく 適当な感じでウキを見つめ、そしてニヤニヤしているだけ。それはそれで非常に楽しいのですがのべ竿による攻めの釣りもやってみようと思い立ち、さぐり釣りに挑戦でごわす。
特別変わったことをするわけではなくて、ウキで当たりを取るんじゃなくて、「手元の感覚でとる」と、まぁ穴釣りを軽い仕掛けでちょっと広範囲にやる的な?
なんだったらちょっと さびいてみたりレンジキープしたりルアー釣り的な?ちょー簡単じゃね?

なんつってw心配だらけな訳です。
6.1メートルなんて長尺で、繊細な当たりなんて伝わるのか?
根がかりしたら、めんどくさい
風の影響は?
目立つ

事前の知識と聞きかじりで初釣行にいざ出陣
今回は通しではなく、道糸とハリスをサルカンで結びました。
道糸1.5号ナイロン、ハリス0.8号フロロ
いつ買ったのか思い出せない2Bのサルカンがあったのでそれを使用、場合によってガンダマで加重させる作戦です。明るい所で2度ほど振り込み、いざ外向きテトラへGO!

●課題①尻手リングがない、ガイドもついてないリールもない、そのため針を引っ掛ける所が無い。指でハリスを挟むことによって問題ないが快適とは言えない。

テトラに降り立つ、月はまだ出ておらずかなり暗い。餌は青虫、やはり臭い。
では、キャスト・・・・・・・・・・・・・







誰やっ!
目印要らん言うたやつ!



真っ暗だよぉ、見えないよぉ・・・・
糸はったり緩めたりして、仕掛けの位置は なんとな~く解るもののそんなことしてたら自然に流せない
●課題②目印必須である。というかよく考えたら、「当たりは目印でとるわけじゃない」と言われたような気がする。

仕方が無いので、普段使っている G2負荷の電気ウキをセットw オイオイ 浮き釣りになってきたぞ・・・
そこは大丈夫、浮きの負荷がG2(0.31g) 付けてる負荷は2B(0.71g)仕掛けがなじむとじわりじわりと沈む、流れがあればほぼ直線になるようだ。
かといって、仕掛けの途中に余計な物がくっついているので、感度は落ちるんだろうな~
振り込み易さは浮きの重量でとてもしやすかった。

と、この時点ですでに純然たるさぐり釣りではなくなってきていますが、メバルを探っているんだから良しとしよう。

数投、探り流すを繰り返していると
コツ コツ と感覚が伝わってきた、念のため浮きも確認しているが大きな反応は無いw(だからそれ浮釣り!
青虫が、スパッと食いちぎられている、・・・・・・フグだ。
針のサイズからしてフグをかけることはなかったが、コツコツ、コツコツと青虫をかじってゆく。
フグの当たりに飽きたころ、潮が飛びはじめたので、内面へ移動。
多少明るいが、やはり目印無しでできるような釣りではない。
港内から外への払い出しが始まっていて、早くしないと ここも川のように流れてしまう

流れに乗せて潮のゆるみまで・・・え?これってフロートの釣りやんw
トッ
キュン!と糸鳴りがしてお魚ゲッちゅ♪20センチのメバル。
写真撮影なんかしてたら、釣りにならんようになってしまう!今日はたくさん釣って経験値を稼がなければならない。
続けていると、初老のおじさま登場

「にーちゃん、ええの釣ってたな、メバル?」
そうそう、メバルです、けど20センチぐらいですよ
「えーやんか、えーやんか、ワシ 全然釣れへんわ」
う~ん、今ぐらいが釣れると思うんですけどね、やらないんですか?
「疲れたから、休憩や」

ここで、2匹目をゲット 小さいのでリリース
「え、逃がすんかいな、勿体ない」
「ワシ 貰うたのに・・・あぁ勿体ない」
「あっ、にーちゃん 浮きが沈んどる!きとる!きとる!」

いや、これは違う・・・あ あ・・・

なぜ僕の浮きが沈むのかという説明をするのは流石にめんどくさいので、素針をひいてみせた。
「抜けたんか?おしいなぁ~、にーちゃん今度 逃がすんやったらワシ貰うでw」

あの・・・そこのメバルいります?
「おっ ええん?ありがとう!」

素敵な笑顔で去って行きました。気さくな良い人なんだろうな~とは思います。

●課題③ちょっと目立ちすぎる気がする、鋼のハートが必要
●課題④糸が巻けないことと竿の調子から タモ入れの判断を要する。たぶん22センチで要タモなんじゃないかな?もしかしたら抜けるかもしれませんが、そこんとこは経験ですね。
あ、写真撮ってないなぁと思いながら、一息ついて、再び釣りを開始しました。
ちょっと目を離した隙にポイントが変わっていて、良い感じに釣りができるところを探す訳ですが、風も気にしないといけないし、攻めることのできる距離は、沈めることやロスすることを考えると、せいぜい10メートルの扇状・・・この釣り、難しいな。

そろそろ流れの速さが限界かもしれない、それ以上早くなったら移動やなと感じて数投 流れに乗せて2メートルまで落とした(と意識しているつもり)とき、当たりを手元で感じた訳ではないと思うけど なんか ふわっとして合わせたら、

キュイン!
うほっ♪これは、デカイかも
のべ竿で魚の向きを感じながら、勝負!鋭い突っ込みを耐えつつ・・・え、マジでデカイ、これ尺に近いはずと確信して、
もうニヤニヤ、ドキドキ タモの栓も緩めて準備OK
そろそろ、姿が見れるか?というところで、

ギュイイイイイイーーーー

道糸が、ヒュイーンと鳴きます!


ヤメテーーー!
僕の心も泣きます。



これ絶対、尺 超えた。
悶絶の死闘を人間ダンパーとなって耐え

タモ入れ準備、枠の大きさは30センチ・・・・いけるか?やっぱり大きな枠にしとくべきやったか?

ようやく空気を吸わせ、少し大人しくなった銀色の魚体をネットイン!
やった!やったどー!





え?銀色?













d0278506_19355292.jpg
シーバス(ハネ)50センチ 余裕の尺超えw、
スズキ目・スズキ亜目・スズキ科に属する魚である。
2回ぐらい見直したが、どうみてもメバルでは無かった。


シーバスとしては、たいしたサイズでは無いんでしょうが、
メバル用ののべ竿でやりとりする ハネはとても面白かったというお話でしたw







[PR]
by fishingmegane | 2014-05-19 19:59 | のべ竿