神明間で、陸からぬるい釣りを趣味にしている男のブログ。エギング、メバリング、アジ、根魚、奇跡の青物、等々。全てにおいて、ぬるく適当な釣り。


by 眼鏡
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イトマキヒトデ

クソっ…! ホゲた。
まぁなんですか、ろくにリサーチもせずに神戸のとあるポイントまで行った訳ですが、ほら最近暖かいじゃないですか、活性もそこそこあるだろうし テキトーに遊べると思ってたんですよね。
そしたら釣れない。なんにも釣れない。
同行者が青虫で浮きとぶっこみやってたんですけど、どうも食いが悪いと嘆く。
ガシラが居食いして当たりがほとんど出ない状態。
で、回収したリグを触ってようやく気がついたんですよね、「めっちゃ冷たい」
え?こんなに冷たいの?
水をくみ上げて確かめても、かなり冷たい。
なんらかの理由でポイントの海水温が下がったと思われます、さすがに急激な変化で活性も悪くなりますわな…
一人だったりルアーオンリーだと、移動決定ですが、同行者が道具を広げてしまっているので、そのまま ぐだぐだとw
もうね、ジグヘッドに青虫つけて ヘチ釣り・穴釣りですよ。
プチガシラがちょろりと癒してくれましたが、釣った感が無いので 今回はホゲと同意とします。

さて、同行者がイトマキヒトデを釣っていました。
d0278506_12174030.jpg

ちゃんと浮きがしもるんですね。
あんまりにもヒトデばっかり釣るもんだから、タナを浅くしてみてもらったんですけど…
それでも釣れてしまう。
何回も確かめましたよ、絶対に完全に底に着いてないんです。

ウィキペディアによると、ヒトデに泳ぐ種類はいないとなっていますが…不可解です。
[PR]
by fishingmegane | 2014-04-28 12:23 | データブック