神明間で、陸からぬるい釣りを趣味にしている男のブログ。エギング、メバリング、アジ、根魚、奇跡の青物、等々。全てにおいて、ぬるく適当な釣り。


by 眼鏡
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

シロメバル(白メバル)

シロメバル(白)
胸ビレの軟条数は17本

ヴィジョンがぶれた状態で釣りに行くと ダメですね。時間あるのにホゲました。
ついでにタモが壊れました。

釣った(捕った・見た)のを書き残していってるくせに、メバルを書いてないのは、メバルがアカメバル・クロメバル・シロメバルの3種に別れていて、確認するのが面倒だったからなんですが・・・。
先日釣ったメバル、胸ビレの軟条数は17本 17本であることが多いと記述されているところもあるので、断定してよいものか解りませんが、体色で判断するより正確らしいので、こいつはシロメバルということになります。
d0278506_19080662.jpg
明石沿岸に多いのはコイツ、自己記録の29.5センチもたぶんコイツ
白っぽかったり、こげ茶っぽかったり
大きく移動しないらしいので、シーズンイン~どんどんスレてくる。と思う。
同じ場所に存在すれば、回遊性が強く、捕食気の強いクロメバルのほうが釣りやすい、ような気がしている。
いつもなら この時期はクロメバルがもっと釣れるはずなんだけど、どうも釣れない、少ない。

ややこしいことに、世の中には「流通名」というものがあって、メバルの場合は当然ですが食材として流通する。
シロメバルの流通名は「黒メバル」だという噂。こんど軟条数えてみようw

[PR]
by fishingmegane | 2014-04-25 12:13 | データブック