神明間で、陸からぬるい釣りを趣味にしている男のブログ。エギング、メバリング、アジ、根魚、奇跡の青物、等々。全てにおいて、ぬるく適当な釣り。


by 眼鏡
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フロートリグ

メバリングに行きました、大潮です。
結果は良くありませんでした。18センチクラス2匹、内1匹は計らずも釣れたという感じ。
やはり、あの場所の大潮下げは僕にとって鬼門、今後はさっさと見切ろうと誓う。

では、ごきげんよう。


というのも寂しいな、ということで
アルカジックジャパン「ぶっ飛びRocker」
d0278506_14365195.jpg
この日、ボトムからの反応が全くなく、レンジをコントロールしてみましたがやはり反応はない状態。
最悪そこに居ないということがあるのか、無いのかは分からないが、居ないと仮定した場合は移動するか帰るかの2択になってしまうので、活性が低いと思うしかない。
リアクション系はやりつくした、引き出しの中には「スローに誘う」しか残っていない。
軽量リグでは飛距離が足りない、プラグには反応が無かった、選択肢はフロートリグしか残っていなかった。
完全フロートで使うのは 「ぶっ飛びRocker F」これ完成度高し。
メバルロケットもコストパフォーマンスが高くて魅力的だが、ライン通す穴が弱くてダメなるし 基本ロストしにくいリグなので性能優先♪(メバルロケットは予備で持ってます、シンキングタイプもメバルロケット)
フロートリグ最大の弱点は、リグるのが面倒だということ、やっぱりボトムか?となった時の倦怠感は半端ない。
理想はロッドごと使い分けるのが効率的なんでしょうけどね。

フロートで捕った1匹に強引に価値を見出して、自己暗示的に納得させましたとさ。


では、ごきげんよう。

[PR]
by fishingmegane | 2014-04-01 16:23 | メバル