神明間で、陸からぬるい釣りを趣味にしている男のブログ。エギング、メバリング、アジ、根魚、奇跡の青物、等々。全てにおいて、ぬるく適当な釣り。


by 眼鏡
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

久しぶりですがメバリングのことを

久しぶりにブログ更新となります。

ログインできなくなって、面倒だから放置でした、何回繰り返せば気が済むのか解りません。
メモは残してるんです、そのメモを無くすだけで・・・。


さて、更新しないうちに自分のブログを読み返したりしましたが、何一つ参考になるようなことを書いていない事に気が付きました。
世のハイレベルアングラーさんのように、参考書的な記事は到底無理なので、せめて未来の自分の参考になるようなことを書いておけば良かったなぁと、後悔しています。
 
 
では、ここ最近の釣りから1シーン

先日の大潮周りは満月、月明かりが煌々と海面を照らしメバリングとしては、僕の苦手とする状況
釣る人は釣ってるし、海から魚がいなくなる訳じゃない、ましてやメバルやガシラなんてそんなに大移動しないはず。やはり釣れないのは未熟さの表れなんでしょうね。
目の前の海中に居るはずのメバルの動きがさっぱり解らないわけで、読み漁った本の知識や他人のブログに書いてあったことを思い返して真似てみたり…
だんだん何やってるのか解らなくなって、テトラに座り込んでしばし呆然と考え事。

素人同然の僕でも、活性が低く 餌を食う気が無いというか 体力使って追いかける気が無いのであろうことは想像できるわけで、そうなると流下ベイトなパターンじゃないかと
ってことは俗に言うアミパターンな訳ですが、これが なかなか 難しい。

退屈ですしねw

ラインメンディング
最近 リアクションの釣りばかりしてたので、なんか雑になってたんですよ。それが月明かりに照らされて僕の悪い目にもはっきりと見えました。想像よりも大きくフケた哀れなマイライン。

当たりなんて判るはずがない・・・

まっすぐにしたところで、巻いてる訳じゃないんだから ほとんどフリーな訳ですから そうそう感知なんてできないんですけどね。

コッとかトンってやつは、吸い込む(咥える)ときか、吐きだすときに フックやジグが口に当たった感覚…のはず。
上手に食って吐いてしてるやつがいっぱいいるはずなのだ、どんなに上手な人でも全ての当たりを感知なんてできてないはず!…そうであって欲しい。そうじゃないと困る。


とまぁ、そんなことを言っていてもはじまらないので、1つでも多く感知できるように、丁寧にラインメンディングして、少ない当たりを拾うしかないんですよね。

d0278506_1542718.jpg

月明かりで沈みぎみか、ボトムべったりかと思ってたのに水面直下に居やがったw

なんじゃそりゃ 苦労を返せ。



未来の自分へ

セオリーは大事だけど絶対じゃない
それと、ラインメンディングは超大切


======
使用タックル
ロッド:ソアレBB(ソリッド)
リール:09アルテグラ
PE0.3号(よつあみ3本ヨリのやつ)
シーガーグランドマックス3ポンド
ぶっとびロッカーF
ジグヘッド0.2~
尺ヘッドD3グラム
ワーム色々
ソリッドカラーが吉  

 
[PR]
by fishingmegane | 2014-02-21 15:21 | メバル